ホーム > ニュース&トピックス > 2015年

ニュース & トピックス

祝☆北陸新幹線金沢開業

2015年3月15日
20150320 20150320-2 20150320-3 20150320-4 20150320-5

3月14日(土)、念願の北陸新幹線が金沢にやってきました。
キャッチコピーが「旅立ちを祝う花」であるエアリーフローラの最盛期は3,4月で、北陸新幹線金沢開業時と時期が合うことから、金沢駅を華やかに彩ることで石川の飛躍に向けた「新たな旅立ちを祝おう」という企画が生まれてから2年半。少しずつ準備を進めてきて、ついにこの日を迎えることができました。

14日(土)朝5時から始まった開通式の式典ステージにエアリーフローラが飾られました。
このオブジェは、コンコースや新幹線改札内に計26個設置されたものです。
デザインイメージは、金沢の金箔(県産のペイント雲龍柳)、輪島塗の黒色、九谷焼五彩や加賀友禅の彩りを表現したものとなっています。
新幹線に乗って来県いただいた方や新幹線を撮影に来た大勢の方々がこのオブジェに目を留めて撮影していらっしゃいました。

コンコース内に設置した記念撮影コーナーには、エアリーフローラで飾られたフラワーベンチも設置しました。朝早くからたくさんの方がベンチに座って記念撮影されました。
14日と15日の両日は、撮影された方への記念品としてオリジナルパッケージの香水ミニボトルを先着500名ずつプレゼントしました。

開業前日はとても厳しい寒さでしたが、開業後は春らしい温かな日が続き、エアリーフローラのつぼみも次々と咲いていきました。まさに「新幹線が春をつれてやって来た」という感じの金沢駅となりました。展示期間は2週間程度の予定です。

なお、14日のために用意したエアリーフローラはおよそ3万本。一連の開業イベントで使用する本数は5万本以上。これらは来年度の生産のための球根増殖用として県農林総合研究センターで育ててきたものです。
採花後のハウスでは、土の中にたくさんの球根が残されています。掘り起こされる初夏までの間に球根が少しずつ育っていくことになります。